大嘗祭 – タイ語でニュース

รอชมพระบารมี “จักรพรรดินารุฮิโตะ” ประกอบพิธีโบราณ เสวยร่วม “สุริยเทพี”:
”ナルヒト天皇”は皇室行事で”太陽の女神”と古代の共食儀式を執り行う

รอชมพระบารมี วันที่ 14 พ.ย. รอยเตอร์ และ เกียวโดนิวส์ รายงานว่า สมเด็จพระจักรพรรดินารุฮิโตะแห่งญี่ปุ่น จะทรงประกอบพระราชพิธีไดโจไซ หรือการเสวยพระกระยาหารร่วมกับ...
ภาษาไทย発音記号English日本語
เสวย sà ˈwə̌əy eat 食事する
ประกอบ prà ˈkɔ̀ɔp assemble 組み立てる
พระราชพิธี ˈphrá ˈrâat chá ˈphí ˈthii royal ceremony 皇室行事
การเสวย ˈkaan sà ˈwə̌əyeating 食する
กระยาหาร ˈkrà ˈyaa ˈhǎan cuisine 食事
ราชาภิเษก ˈraa ˈchaa ˈphí ˈsèek coronation 即位
เถลิง thà ˈlə̌əŋ ascend 継承する
ถวัลย์ tà-wăn reign 統治する
ฉลอง chà ˈlɔ̌ɔŋ commemorate 祝う
พระองค์ ˈphrá ˈʔoŋ person(王語)人
ชุด ˈchútoutfit 服装
ศาลเจ้า ˈsǎan ˈcâaw shrine神社
การส่วนพระองค์ ˈkaan ˈsùan ˈphrá ˈʔoŋ private (王語)私的な
พระมเหสี ˈphrá má ˈhěe ˈsǐi consort (王語)配偶者
แสงไฟสลัว ˈsɛ̌ɛŋ ˈfay sà ˈlǔa dim light薄暗い
ธัญพืช ˈthan yá ˈphʉ̂ʉt grains 穀物
เหล้าสาเก ˈlâw ˈsǎa ˈkee sake 日本酒
ภาวนา ˈphaa wá ˈnaa pray 祈る
ความสันติสุข ˈkhwaam ˈsǎn ˈtì ˈsùk peace and quiet 平安
พระราชวัง ˈphrá ˈrâat chá ˈwaŋ palace 皇居

待ち望んだ ”徳仁天皇” 皇室の品位 古式ゆかしい(พระบารมีพิธีโบราณ)太陽の女神(สุริยเทพี)との共食の儀式。

待ち望んだ皇室儀式 − 11月14日 ロイターと共同ニュースは日本の徳仁天皇陛下(สมเด็จพระจักรพรรดิ)は先日10月に執り行われた、正式な(อย่างเป็นทางการ) 天皇の地位の即位継承後の即位儀式(พระราชพิธีบรมราชาภิเษก)の一つである皇室行事大嘗祭(พระราชพิธีไดโจไซ)または神との共食を行った。

報道によると現地時間の(ตามเวลาท้องถิ่น) 19:00時に徳仁天皇は御祝いの白い装束で雅子皇后陛下(สมเด็จพระจักรพรรดินีมาซาโกะ)とお出まし、 特別にプライベート(เป็นการส่วนพระองค์)に建造された木造の神社(ศาลเจ้า)にお入りになった。

そして、 天皇は神道信仰(ลัทธิชินโต)では太陽の女神(สุริยเทพี)である天照大御神(อามาเตราซุ โอมิกามิ)に32皿の米、穀物(ธัญพืช)と酒(เหล้าสาเก) の供物をお供え(ถวาย) する為に薄暗い(แสงไฟสลัว)部屋にお入りになった。

日本の令和時代(รัชสมัยเรวะ)の平安(ความสันติสุข)を祈念(ภาวนา)し、共食(ร่วมเสวย)する儀式(พระราชพิธี)は完了に2時間半かかり、終了後に天皇は他の神社で儀式を執り行う。 皇居(พระราชวัง)内で11月15日金曜日の午前3時に終了予定。

第二次世界大戦前(ก่อนสงครามโลกครั้งที่ 2)の教科書では、大嘗祭の儀式は天皇と太陽の女神との密接な絆を示し、天皇は神と見なされ(เป็นเหมือนพระเจ้า)、称賛されていました。 しかし、現代では大嘗祭は即位する為の単なる皇室行事です。


タイ語で日本の説明をしたいときの参考書、勉強になります。- Amazonリンク

皇室関連のニュースって単語がむずかしいよ。なんでもพระつければいいんでしょ!ってわけでもなさそうだし笑。

おぼえても使う機会もないので、次に必要なときには忘れてそう…。

でも英語でもそうなんですが、自分の国の文化とか習慣って意外と説明するのむずかしいんですよね。単語を知らないとか以前に、自分自身も自分の国の文化をよくわかってないっていうパターン。

ああ恥ずかしい…。