タイ人にコブミカンの育て方を聞いてみた。

グリーンカレーやラープ、いろんなタイ料理に使われているコブミカン มะกรูด má ˈkrùut)の葉。 タイ食材屋さんにも売っているけど、いちいち買いに行くのは面倒なので自分で育てたい。ネットで調べると冬は部屋に入れると越冬できるらしい。

で、買ってみたのだけれど、しばらくすると枯れてしまうの繰り返し泣。

タイ人の友達のコブミカン の木は立派に育っているのに…。本場タイ人は日本でどうやって育ているのか? 聞いてみてビックリ。

1. 水やりしすぎない

自分はほぼ毎日水やりをしていたのですが、これはアウト笑。なんと週1〜2回で十分らしい。

2. 摘芯する

自分は園芸関連は全く詳しくないのですが、先の部分を切るとそこから複数の枝が生えてきて増えるんだそうです。バジルみたい。

3. 肥料は卵(タイ式笑)

ウソだろ〜! 冗談はよせ!って思いましだが、その場にいたタイ人全員が本当なの!って言ってたから多分本当。

殻だけかと思ったら、全卵の溶いた卵を水で薄めて土にあげるんだそう。ただし臭くなるので注意だそうです。ちなみにその場にいたタイ人一人が私は卵の殻しかあげてないから育ちが悪かったのねー。と言ってました。タイ人でも卵と聞いて殻だけって思う人はいるのね。

調べてみるとYouTubeにも確かに卵を使ったコブミカン の育て方動画がありました。

แต่งมะกูรดให้เป็นพุมสวย:
コブミカン をキレイに茂らせる

卵…ですか…。正直今だに信じられません。

ちなみに今日卵と水を混ぜたものを肥料として、コブミカン に与えてみました。ただ臭くなるだけなのか、ちゃんと育ってくれるのか見守っていこうと思います。