タイの麺は危険?

タイ料理、炭水化物好きの自分には衝撃的なニュースが飛び込んできました!

ถึงตาย! เส้นก๋วยเตี๋ยว 3 ชนิด ที่ใส่สารกันบูดเยอะที่สุด กินบ่อยๆ ตับ-ไตพัง
死に至る! 保存料を大量に含む3種類の麺 しょっちゅう食べると 肝臓、腎臓不全に

ภาษาไทย発音記号English日本語
ก๋วยเตี๋ยว ˈkǔay ˈtǐaw rice noodle 米麺
เป็นที่นิยม ˈpen ˈthîi ˈní ˈyom popular 人気がある
สารกันบูด ˈsǎan ˈkan ˈbùut preservative保存料
มหาศาล má ˈhǎa ˈsǎanvoluminous多量の
ผู้ประกอบการˈphûu prà ˈkɔ̀ɔp ˈkaanbusiness owner自営業者
บริโภคˈbɔɔ rí ˈphôokconsume消費する
ติดต่อกันˈtìt ˈtɔ̀ɔ ˈkancontinuous連続した
ส่งผลกระทบต่อˈsòŋ ˈphǒn krà ˈthóp ˈtɔ̀ɔconcern懸念
เนื่องจากˈnʉ̂aŋ ˈcàakbecause of〜のせいで
เก็บรักษาˈkèp ˈrák ˈsǎapreserve保存する
อันตรายˈʔan tà ˈraaydanger危険
ปริมาณpà rí ˈmaanquantity大量
ประสิทธิภาพprà ˈsìt thí ˈphâapcapability機能
เรียงลำดับˈriaŋ ˈlam ˈdàpsequence順序

健康愛好家(คนรักสุขภาพ)は疑問に思うかもしれない。なぜなら米麺はあまりカロリーが高い食べ物ではない(อาหารที่มีแคลอรี่ไม่มาก)だから体重制限中(กำลังควบคุมน้ำหนัก)の人に好まれる(เป็นที่นิยม)。でも米麺が好きなら、ちゃんと考えるべきだ(อาจจะต้องคิดหนัก)。なぜなら一部の事業者(ผู้ประกอบการ)が製造した米麺には基準値を超えた(เกินมาตรฐาน保存料(สารกันบูด)が多量に(มหาศาล)含まれていると言われるほどだからだ。
もし継続して(ติดต่อกัน)、長期間(เวลานาน消費する(บริโภค)と、肝臓(ตับ)と腎臓(ไต)に懸念(ส่งผลกระทบ)が生じる恐れがある。

なぜ米麺は保存料を加えなければいけないのか?

なぜならば生の(สด)米麺は保存(การเก็บรักษา)できる期間が長くない。なので、事業主は生の米麺の使用できる期間をより長く、調理(ปรุง)するまでの保存期間を更に長くするため、保存料を入れる。 保存料の身体に対する影響は危険だ(อันตราย)。

最も使用されている保存料は安息香酸(กรดเบนโซอิก)とソルビトール(กรดซอร์บิก)で、仮にそれらを長期に大量(ปริมาณสูง)に摂取すると、肝臓と腎臓の機能(ประสิทธิภาพ)を低下(ลดลง)させる。

保存料が最も多く含まれる米麺は(降順 เรียงลำดับจากมากไปน้อย

–         センレック (เส้นเล็ก
–         センミー(เส้นหมี่
–         センヤイ(เส้นใหญ่

保存料を含まない麺は、

–         バーミー(บะหมี่เหลือง
–         春雨(วุ้นเส้น

つまりタイの米麺は常に基準値を超えた保存料を含みます。よって麺好きの人(คนที่ชอบทานก๋วยเตี๋ยว)は食べる麺を徐々に減らす、または、バーミーか春雨を食べてみるのはどうでしょう。そうすれば気づかないうちに(อย่างไม่ตั้งใจ保存料を身体に摂取(รับสารกันบูดเข้าร่างกาย)してしまうリスク(ความเสี่ยง)を下げてくれます。またはもし体重を制限するならガオラオを食べてみるのも悪くない(ไม่เลว)でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーー

タイの麺類:

タイの美味しい麺料理、クイッティアオを味わい尽くそうの記事です。エクスペディアでは、旅のヒントになる旅行情報を発信中です。

ええええ〜、自身はバーミーなどの小麦粉系麺より米粉でできた麺の方が好きなので結構ショック。・°°・(>_<)・°°・。 特に幅広のセンヤイは大好き!タイで食べられる生麺のプリプリしたセンヤイ…。記事では”生麺”が危険と書かれているだけなので、乾麺を使っていれば大丈夫ってことでしょうか?

麺が全く入っていないガオラオ食べてみましょうと言われても、別に炭水化物抜きダイエットとかしたくないデス。

要はたくさん食べすぎなければいいのよね! と、勝手に思い込んでます。