地獄の友達ケーキ?

なんでこんな事に・・・と思っちゃうトホホなタイニュースを読みました。

บานปลาย ! ร้านโต้ เค้ก “เพื่อนนรก” ทำตามที่สั่ง – ลูกค้ามั่นใจเขียนถูก รอคำขอโทษ:
結局高くつく! ケーキ屋が”地獄の友達”とデコレーション、オーダー通りと主張、 顧客は正しく書いたハズと主張、謝罪要求

แต่หลักฐานคือกระดาษที่ลูกค้าให้มานั้นร้านได้ทิ้งไปแล้ว ไม่สามารถหามายืนยันได้
ภาษาไทย発音記号English日本語
นรก ná ˈrókhell 地獄
ขำ ˈkhǎm funny 笑える
งานงอก ˈŋaanˈŋɔ̂ɔk to be in trouble 大変な事になる
อย่างไรก็ดี ˈyàaŋ ˈray ˈkɔ̂ɔ ˈdii howeverけれども
ระบุ ˈrá ˈbù specify 〜を明確に述べる
ยืนยัน ˈyʉʉn ˈyan confirm 裏付ける
รับผิดชอบ ˈráp ˈphìt ˈchɔ̂ɔp responsible 責任がある

友達ノック(เพื่อนนก、ノックはニックネーム)”とオーダーしたはずのケーキが”地獄の友達(เพื่อนนรก)”に。ケーキ屋は顧客のオーダー通り(ตามที่สั่ง)というが、顧客はちゃんと描いた自信がある(มั่นใจ)と主張。謝罪の言葉を待っている。
オンラインの笑えるニュース(ข่าวขำ ๆ)はドラマで満ちている。フェイスブック(เฟซบุ๊ก)で晒されてたのは、ケーキ屋が”友達ノック(เพื่อนนก)”とオーダーされたケーキに”地獄の友達(เพื่อนนรก)”と描いてしまった。思わず笑ってしまうが、お店はあっという間に大変な事に(งานงอก)。
いずれにしても、投稿(โพสต์)ではmから始まるペチャブン県の店名が晒されている。後日、店のオーナーはフェイスブック上で顧客のオーダーは紙に書き留めた物で、この様な嫌がらせは店に対して損害を与えた(ทำให้ร้านเสียหาย)、店は悪くない(ร้านไม่ได้เป็นฝ่ายผิด)と釈明したが、客から受け取ったとされる紙は既に破棄されていて(ทิ้งไปแล้ว)、裏付けられなかった(ไม่สามารถหามายืนยันได้)。
投稿主のサックダーさんは、これは深刻な話じゃない(ไม่ได้ซีเรียส)、なんでお店がこんな風に描いて謝りもしないのが不可解なだけという。話を大きく(ให้เป็นเรื่องใหญ่ )したいんじゃなくて、お店に間違いの責任を認めて欲しい。じゃないと知り合いにこのお店で買う事はもうオススメしないわ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

書き違いもビックリだけど、個人的にはケーキ自体の出来のショボさにビックリ。自分で作った方がもっとマシな見栄えにできそう。まあ、チェーン店のミスタードーナツのドラえもんドーナツでさえあのクオリティーですから、推して知るべしか…。