“花見”をタイ語で説明

日本の文化、習慣をタイ語でなんて言うか困ったらこの本を参考にしています – Amazonリンク

外国人にとって、日本の花見シーズンの旅行はあこがれのようです。

タイの日本旅行サイトをのぞくと、春はさくらの写真であふれています。

“花見” はタイ語で?

お花見は古来からの日本固有の習慣。

タイ語でも”ฮานามิ” hanami で通じます。

ฮานามิ hanami

少しタイ語で説明したい場合は、

เทศกาลชมดอกไม้ tâyt-sà-gaan chom dòrk mái

と言うといいでしょう。

”ฮานามิ” vs. “เทศกาลชมดอกไม้”どちらが使われてるの?

Google Trends で確認したところ、圧倒的に “ฮานามิ” hanami の方が検索されていました。

特徴的なのは、検索されているのが主にバンコク都市部ということです。

バンコク都市部居住の日本旅行できる収入レベルのタイ人にとって、 “ฮานามิ” = 日本 = さくら というイメージかもしれません。

日本の”花見”をタイ語で説明

日本人として、花見の説明ぐらいはできるようになりたい。
ということで、自分なりにまとめて、訳してみました。

タイ語はオンラインレッスンで添削してもらいましたが、英語はなんちゃってなのでご容赦下さい。

“花見”とは?

花見は梅、桃、桜などの花を見て楽しむ行事です。

Hanami is the event which view and appreciate plum, peach and cherry blossoms.

ฮานามิ คือ เทศกาลชมดอกไม้ อย่างเช่น ดอกบ๊วย ดอกลูกท้อ และดอกซากุระ

“花見”のシーズンは?

一般的には3月から4月に桜を見て楽しむことを花見といいます。

But in general, viewing cherry blossom in March to April is said “Hanami”.

แต่โดยทั่วไปแล้ว เรียกว่า การชมดอกซากุระในช่วงเดือนมีนาคม ถึง เดือนเมษายน

“花見”の起源と歴史

元々花見は農耕と結びついた宗教儀式でしたが、

Originally Hanami is religious ritual connected with agriculture.

โดยแรกเริ่ม ฮะนะมิ คือ พิธีการทางศาสนาเกี่ยวกับเกษตรกรรม

古代中世には貴族、武家の間で宴会としての花見の習慣がひろまり、

In anciently and the Middle Ages tradition of Hanami as ceremony become popular among warriors and nobles.

ในยุคเก่าและยุคกลางประเพณีการชมดอกซากุระ เป็นที่นิยมอย่างแพร่หลาย ในหมู่ชนชั้นนักรบและชนชั้นขุนนาง

江戸時代には徳川幕府が都市計画の一環として桜の植樹を広く行ったため、花見の習慣が一般の市民にも広がりました。

In Edo period the Tokugawa shogunate implemented planting of Sakura trees as a part of city planning. Therefore tradition of Hanami become popular among common people.

ในสมัยเอโดะ(ค.ศ. 1603 – 1868) รัฐบาลโชกุนโทคุงาวะ สั่งให้ปลูกต้นซากุระให้เป็นส่วนหนึ่งของการวางผังเมือง
เพราะฉะนั้นธรรมเนียมการชมดอกซากุระ จึงเป็นที่แพร่หลายสำหรับชาวบ้าน

文献で確認できる最古の花見は812年嵯峨天皇が催した花見です。

The oldest Hanami ceremony which can be confirmed with document is the one sponsored by Emperor Saga in 812.

การชมดอกซากุระที่เก่าแก่ที่สุดที่สามารถยืนยันโดยเอกสารได้คือ การชมดอกซากุระที่จัดขึ้นโดยจักรพรรดิซากะ ในปี 812

“花見”では何をするの?

花見では人々は桜の木の下でゴザに座り、おしゃべりや食事し、美しい桜を楽しみます。

In Hanami people sat on mat chat, eat, drink and appreciate beautiful sakura blossoms under the sakura tree.

ใน การหันะมิ ผู้คน นั่งบนเสื่อ ใต้ต้นซากุระ พูดคุย ดื่มกิน และ ชื่นชม ความงดงามของดอกซากุระ

“花見”関連の食べ物

(音声サイト付き) タイ語 実力アップ問題集 - Amazonリンク

花見に関連した食べ物には、花見団子と花見弁当があります。

The Japanese food relate with Hanami are Hanami dango and Hanami bento box.

อาหารที่เกี่ยวกับการชมดอกซากุระ คือ ขนมฮานะมิดังโงะและข้าวกล่องฮานะมิ

花見団子は江戸時代に生まれた庶民のお菓子で、ピンク、白、緑の団子でできています。

Hanami dango is Japanese sweets for commons, made from dumplings color of pink, white and green.

ขนมฮานามิดังโงะเป็นขนมที่ทำโดยชาวบ้านในสมัยเอโดะ ทำมาจากแป้งต้มสามสี คือ สีชมพู สีขาว และสีเขียว

“花見”関連の日本語表現

日本語のことわざには”花より団子”がありますが、花の観賞という審美より団子という実質を選ぶ行動を揶揄したものです。

In Japan there is a saying “Dumplings rather than flowers” it actually poke fun of the people who are more interested in the practical over the aesthetic.

ญี่ปุ่นมีคำพังเพยที่ว่า “แป้งต้มดีกว่าดอกไม้” หมายความว่า ควรให้ ความสำคัญกับประโยชน์มากกว่าความสวยงาม

花見をタイ語で説明してみました。知らないことがたくさんあって、新しい発見がありました。

タイ人の友人にも説明してあげたいです。花見といえば、桜!と言うことで…桜をタイ語で説明してみました。

“桜”をタイ語で説明してみる :

"桜"をタイ語で説明
日本の 桜 さくら をタイ語で説明できるよう、タイ語作文してオンラインレッスンの先生に添削してもらいました。 "桜"のタイ語表現 ...