「全ての選択肢がテーブルの上にある」はタイ語で?

4月に入って朝鮮半島情勢が緊張を増す中、「全ての選択肢がテーブルの上にある。」発言をニュースなどで耳にする機会が度々あります。元々の英語の表現と、タイ語でどう訳されているのか気になり、調べてみました。

この朝鮮半島情勢に関する発言、元々はアメリカ第一主義を掲げる米国大統領トランプ氏が4月6日安倍首相との電話会談での発言。それ以来、日本のニュースで目にすることが増えてきましたが、その日以降、ペンス副大統領、ティラーソン国務長官も北朝鮮に対し、同様の発言をしています。

元々の英語でのトランプ氏の発言は、

All options (are) on the table

In phone call to prime minister Shinzo Abe, president promises boost to US military capabilities after Pyongyang fired ballistic missile

外務省HPの日本語訳は、

全ての選択肢がテーブルの上にある

タイメディアのマティチョンでは、

ทุก ทางเลือก ที่ มีอยู่ บน โต๊ะ
ˈthúk ˈthaaŋ ˈlʉ̂ak ˈthîi ˈmii ˈyùu ˈbon ˈtó
全ての/ 選択肢/ 〜に/ 存在する/ 上に/ テーブル

นับเป็นบรรยากาศของสถานการณ์การเมืองโลกที่กำลังคุกกรุ่นอ

ちなみにこの”All options on the table” 発言、トランプ氏が使用するのは対北朝鮮が初めてではありません。 今年2月外国人の米国入国制限に感しても同じ発言をしています。

日本では安倍首相が”対話と圧力”、”行動対行動”と繰り返し語っていますが、日本単独でできることは限度がありそうです。 ”狂犬” マティス氏も軍出身だけに慎重です。

人間つい悪い方に受け取りがちですが、どんな選択肢もあり得ると言っているだけで、現実になるまではどう考えるかは「あなた次第」なんですね。
個人的にはトランプ氏はもっと”ならず者”かと思っていたんですが、意外と普通? 暇つぶしにWWEでも見ることにします。