年下サンへの”ありがとう”はタイ語で

タイ語を学習していない人でも ありがとう は、

コップン(ขอบคุณ ˈkhɔ̀ɔp ˈkhun) クラップ (男 :ครับ ˈkhráp)または カー(女:ค่ะ ˈkhâ)

と知ってるかと思うんですが、先日 弱虫ペダルのタイ語版を読んでいて
3年の主将から一年の主人公 小野田くんへの “ありがとう“のセリフがタイ語版では、

ขอบใจมากˈkhɔ̀ɔp ˈcay ˈmâak と訳されているのに気づきました。

自分はあまり聞かない表現だったので、オンラインレッスンで先生に聞いてみたところ、ขอบใจ ˈkhɔ̀ɔp ˈcay は、年上の人あるいは立場が上の人から年下あるいは立場が下の人に対して使用する表現だそうです。

ขอบคุณ ˈkhɔ̀ɔp ˈkhun が、立場に関係なくほぼ全ての人に対して使える のに対し、

ขอบใจ ˈkhɔ̀ɔp ˈcay は言って良い対象の人が年下・目下の人に限られます。

ちなみに英語版では カジュアル表現のThanksではなく、ふつうに “THANK YOU.” です。

想像するに、オリジナルの日本語、英語版では、主人公の所属する自転車競技部の先輩、後輩の関係性が比較的フラットな設定なのに対し、タイ語版で先輩から後輩へのありがとうをそのままขอบคุณ ˈkhɔ̀ɔp ˈkhun と訳すとタイ人的には違和感があるのかな?

ただ、他のページで3年の主将からオーダーを受けた一年生メンバー 今泉くんの返事を読んでみると、

“はい‼︎”
ครับ‼︎” ˈkhráp
“YES SIR!!”

YES SIR!! って軍隊生活でもしない限り耳にしなさそうな表現なイメージですが、この場面では英語版でも後輩から先輩への返事はタイ語版同様に丁寧ですね。
立場が上の人は普通の表現、カジュアルな表現のどちらを使用してもいいけど、やはり立場が下の人からは丁寧な表現を使うのは共通なようです。