エディ・ヴァン・ヘイレン死去 – タイ語でニュース

‘เอ็ดดี แวน เฮเลน’ นักกีตาร์ระดับตำนาน เสียชีวิตด้วยโรคมะเร็ง:

BBC によると、オランダ系アメリカ人(ชาวดัตช์-อเมริกัน)で1980年代の(ในช่วงทศวรรษที่ 1980)有名ハードロック(ฮาร์ดร็อก)バンド「ヴァン・ヘイレン」を共同設立者(ผู้ร่วมก่อตั้ง)で伝説的ギタリスト(นักกีตาร์ระดับตำนานエディ・ヴァン・ヘイレン( เอ็ดดี แวน เฮเลน)が10月6日(火)、喉頭癌(โรคมะเร็งลำคอ)と長年(มานานหลายปี闘った(ต่อสู้กับ)後、65歳で死去した(เสียชีวิตแล้ว)と報じた。

芸能ニュースサイト(เว็บไซต์ข่าวบันเทิง)TMZによると、ヴァン・ヘイレンはカリフォルニア州サンタモニカのセント・ジョンズ病院で家族に囲まれて(โดยห้อมล้อมไปด้วยครอบครัว)亡くなったという。
息子(ลูกชาย)のヴォルフガング・ヴァン・ヘイレン(โวล์ฟกัง แวน เฮเลน)は、SNSで悲しみのメッセージ(ข้อความแจ้งข่าวร้าย)と哀悼の意(แสดงความเสียใจ)を投稿した(โพสต์)。”この喪失で打ちひしがれて(หัวใจผมแตกสลาย)、この損失(ความสูญเสีย)から完全に(อย่างสิ้นเชิง回復する(ฟื้นตัวกลับ)とは思えない。父さん、とても愛している(รักคุณมากเหลือ)。”

TMZが明らかにしたところによると、ヴァン・ヘイレンは何年も前からガン(โรคมะเร็ง)と闘っており、2000年に舌がん(มะเร็งที่ลิ้น)の癌治療を受けた(รับการรักษามะเร็ง)後、ここ数年定期的に入院していたという。最近は化学療法(คีโมบำบัด)を受けていたが、治療中(ตลอดเวลาที่รับการรักษา)もヴァン・ヘイレンは息子と一緒に音楽の練習したり、コンサートを行っていた。

エディ・ヴァン・ヘイレン(Eddy Van Halen)は、1970年代初頭(ในช่วงต้นทศวรรษที่ 1970)に兄のアレックス(อเล็กซ์)がドラマー(มือกลอง)、リードボーカル(นักร้องนำ )のデヴィッド・リー・ロス(เดวิด ลี รอธ)、マイケル・アンソニー(ไมเคิล แอนโธนี)がベーシスト(มือเบส)と共にロサンゼルス(นครลอสแอนเจลิส )でヴァン・ヘイレンを結成。

1978年にデビューアルバム(อัลบั้มเปิดตัว)をリリース、ビルボード(บิลบอร์ด)の19位(อันดับ 19)まで上昇(ไต่ขึ้นไปถึง)、10年間で(ในรอบ 10 ปี最も成功した(ประสบความสำเร็จที่สุด)デビューアルバムの一つとなった。

ヴァン・ヘイレンは2007年に “Runnin ‘With the Devil”、”Panama”、”Hot For Teacher”、”Why Can’t This Be Love? ”とポップチャート( ชาร์ตเพลงป๊อป1位を獲得した(ติดอันดับ 1) “Jump”の多くのヒット曲(เพลงฮิต)の1984で、ロックンロールの殿堂入り(การจารึกชื่อเข้าสู่หอเกียรติยศร็อกแอนด์โรล)を果たしている。

ヴァン・ヘイレンの死去のニュースが明らかになってから 多くのロック界のセレブたちもネット上で哀悼の意を表明している。
例えば、「Kiss(คิส)」のリードシンガー、ジーン・シモンズ(ยีน ซิมมอนส์)は「打ちひしがれている。エディはギターの神(เพียงมือกีตาร์ระดับเทพ)だっただけでなく、真に美しい精神(จิตวิญญาณที่งดงามอย่างแท้จริง)の持ち主だった。安らかに(หลับอย่างสงบ)、エディ!」とツイート。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(เรดฮอต ชิลลี เพพเพอร์ส)」のベース、フリー(ฟลี)さんはツイッターで、ヴァン・ヘイレンさんを「美しく(งดงาม創造的な心(หัวใจแห่งความสร้างสรรค์)」と称賛した(ข้อความยกย่อง)。

————————————————–

動画のタイ語教材、何度も飽きずに見返せるのが楽しくて続きそう – Amazonリンク

ヴァン・ヘイレンのデビューアルバム VAN HALEN(邦題:炎の導火線)を学生の時、お小遣いで買いました。ファンだったので悲しいです😢
近年、癌の治療成績が上がっているそうですが、身近な人に癌で亡くなる人もいるのでまだまだ癌と聞くと、ドキッとします。将来、癌で苦しむ人が少しでも減りますように…。