“何でもいい” はタイ語で?

疑問詞 + ก็ได้ ˈkɔ̂ɔ ˈdâay の表現をタイ語教室で習いました。

ภาษาไทย発音記号English日本語
อะไรก็ได้ʔà ˈray ˈkɔ̂ɔ ˈdâaywhatever なんでもいい
ที่ไหนก็ได้ ˈthîi ˈnǎy ˈkɔ̂ɔ ˈdâay anyplace どこでもいい
ใครก็ได้ ˈkhray ˈkɔ̂ɔ ˈdâay anyone 誰でもいい
เท่าไหร่ก็ได้ ˈthâw ˈrày ˈkɔ̂ɔ ˈdâay in any number いくらでもいい
เมื่อไหร่ก็ได้ ˈmʉ̂a ˈrày ˈkɔ̂ɔ ˈdâay anytime いつでもいい
วันไหนก็ได้ ˈwan ˈnǎy ˈkɔ̂ɔ ˈdâay anyday どの日でもいい

とっても便利な言葉が並びますが、อะไรก็ได้ なんでもいい を超える表現があるのです。それは、

ยังไงก็ได้ ˈyaŋ ˈŋay ˈkɔ̂ɔ ˈdâay, up to you,  なんでもいい、あなた次第

例えば食事どうする?と言われて

อะไรก็ได้ ʔà ˈray ˈkɔ̂ɔ ˈdâay  と答えたら(メニューは)何でもいい という意味ですが、

ยังไงก็ได้ ˈyaŋ ˈŋay ˈkɔ̂ɔ ˈdâay は、食べても食べなくてもいいし、外食でもお家ご飯でもいい、どのレストランで食べてもいいし、何料理でもいい…要は自分はなんでもいいので あなた次第 という意味合いになるそうです。

とっても便利な表現ですが、実際のところタイ人先生(女性)は「何でもいいよ。」と言われるとカチン!と来るそうです。生徒の日本人女性たちも「うんうん、わかるわ〜!」とうなづいていました。
女性には使わないほうがいいかも・・・。