”不法就労者”はタイ語で? – タイ語でニュース

“ผีน้อย” คืออะไร ทำไมต้องหนี “โควิด-19” จากเกาหลีใต้กลับประเทศไทย
「小さな幽霊」とは何ですか?なぜ韓国から「Covid-19」でタイに避難してくるのですか?

เปิดความหมาย "ผีน้อย" คืออะไร ทำไมถึงต้องการหนีไวรัสโคโรนาสายพันธุ์ใหม่ 2019 หรือ "โควิด-19" จากประเทศเกาหลีใต้ กลับประเทศไทย

現在、韓国で不法就労しているタイ人”ผีน้อย”達が、昨今のコロナウィルスでタイへの帰国を希望しており、韓国政府は早急なタイへの帰国を促すため、不法滞在・就労を自発的に申告してきた者には法的制裁を課さず、再入国も可能とする。としています。
しかしながら、タイ政府はこれらの潜在的コロナウィルス保有者を含む帰国者の取り扱いに困っているんだそう。

タイ保健省によれば、新型コロナウイルス感染者が急増している韓国から感染を恐れて不法就労のタイ人約5000人が帰国する可能性があり、これによってタイにおける新型コロナウイルス問題が悪化することが非常に懸念されるという。3月3日夜時点で韓国で確認された感染者は5186人となっている。

ผีน้อย pĕe-nói ”は直訳すると、小さい幽霊( Casper, Goblin, などの)ですが、ここでは”違法就労者(แรงงานผิดกฎหมาย)”の意味。

ผีน้อย
pĕe-nói
Unreported worker

韓国へ観光目的で入国し、実際には不法就労するタイ人 約140,000人の「小さな幽霊(ピーノーイ)」がおり、農業労働者、自動車産業労働者、販売員、マッサージ店、性風俗産業従事者、一般従業員などとして働いているようです。そもそも性風俗産業はタイでも、韓国でも法律で禁止されていたと思うのですが笑。

タイ語オンラインレッスンの先生によると、この件では性風俗産業従事者も含まれることもあって同情的意見は少なく、政府チャーター便を待たず民間機で先に帰国したタイ人が、隔離期間も守らず屋台でムーガタ食べてる姿がSNSで拡散され大変な反感を買っているのだとか。

自身は観光客としてしかタイを知らないので、海外での違法就労、特に性風俗産業に就労せざる得ないような経済的に困窮したタイ人はバンコクなどの都市部の人はいないのではと思っていたのですが、先生の話では、バンコクにもスラム(สลัม sà-lăm)があり経済的に恵まれない人もある一定数いるのだそうです。

ちなみにバンコクのクロントゥーイ คลองเตย klong-dtoie はスラム街なんだとか。

確かに Google 検索候補でも คลองเตย สลัม (クロントゥーイ スラム)って出てくる…画像検索するとそれっぽい感じ。

タイ掲示板のPantipだと、港の荷積み地だったクロントゥーイに労働者が集まり、勝手に家を建て始めたところからスラムが形成されたらしい。

ใช่สลัมคลองเตยรึเปล่า ?:
クロントゥーイはスラムですか?

และสลัมบริเวณนี้ ถือว่าเป็นสลัมที่ใหญ่ที่สุดของประเทศใช่ไหมครับ

もっとも、タイで性風俗産業で働く人の中には経済的に困窮していなくとも、単にブランド品が欲しいとか、楽だからといって理由で従事するような人もいるのは日本とあまり変わりがないかも。

授業の最後で先生に「日本にもผีน้อยはいますか?」と聞かれました。「います。」と答えましたが、じゃあ今まで自分の周りで見たことがあるかと言われれば、ない。聞いたこともない。

ニュースとかでみることはあるけれど、別の世界の人という感覚。

…あ、ผีน้อย (ちいさい幽霊)だから見えないのか笑。