“タイ式ウォシュレット”がバカ売れ – タイ語でニュース

タイのホテルやコンドミニアムのバスルームで見かける手持ちビデ。

自身は使い方がいまいちわからず使うことはありませんでしたが、現在、COVID-19騒ぎでトイレットペーパー不足に苦しむアメリカのアマゾンで売れまくっているそうです笑。

ยอดขายสายฉีดชำระพุ่ง ฝรั่งแห่ซื้อเพียบ หลังกระดาษทิชชู่เกลี้ยงห้างช่วงโควิด-19:
手持ちビデの販売が急上昇 COVID-19でトイレットペーパー品切れで外人の購入増加

拙訳:

Adam Bradshaw先生のAdam’s Story … 手持ちビデ(สายฉีดชำระพุ่ง)がアメリカ人(ชาวอเมริกัน)の希望(ความหวัง)となっている。なぜなら通常は(ตามปกติ外国人(ชาวต่างชาติ)はトイレットペーパー(กระดาษชำระだけ使い(ใช้เพียง拭いて(ชำระเช็ดキレイにする(ทำความสะอาด)のに、お店でトイレットペーパーを買いだめ(กักตุน)が起きているからだ。

現在、タイのようなアジア地域の国は手持ちビデの使用を好むが、トイレットペーパーが品薄(หายาก)の時、アメリカ人は手持ちビデの使用を考え始め(เริ่มเปิดใจ)、日本の人々が使うような自動スプレーがついたタイプのトイレシート(นั่งชักโครก)の売上げが10倍(ยอดขายพุ่ง 10 เท่า)に飛び上がり、購入需要(ความต้องการซื้อ)が300%上昇(เพิ่มขึ้น)、Amazonウェブサイトで人気商品(สินค้ายอดฮิต)となっている。


—————————————————————————

上記では手持ちビデという表現を使いましたが、ネットを検索すると日本語では”ウォーターガン”、”タイ式ウォシュレット”、”簡易シャワートイレ用ノズル”などと呼ばれているようです。

英語では、

hand-held bidet

タイ語は、

สายฉีดชำระพุ่ง
săai chèet cham-rá pûng

確かにこれを使えば、あとは洗浄後の水を拭くだけなのでトイレットペーパーの使用量も少なくて済むかも。
環境にも優しいかもしれません。
タイってトイレに関しては、エコロジー先進国だったのね。