“仏陀の言葉”を訳してみた その105


สร้างบุญใช้สติ
ไม่ต้องใช้สตางค์
พวกเราหาแต่สตางค์
ไม่หาสติกันเลย”

– หลวงพ่อจรัญ ฐิตธัมโม

สร้างบุญใช้สติ

สร้างบุญใช้สติ
สร้าง/ บุญ/ ใช้/ สติ
sâang/ bun/ chái/ sà-dtì
創造する/ 善行(徳)/ 〜で/ 気付き
-> 気付きで徳を積む、

ไม่ต้องใช้สตางค์

ไม่ต้องใช้สตาง
ไม่ต้อง/ ใช้/ สตางค์
mâi dtông/ chái/ sà-dtaang
必要ない/ 使う/ お金
-> お金を使う必要はありません。

พวกเราหาแต่สตางค์

พวกเราหาแต่สตางค์
พวกเรา/ หาแต่/ สตางค์
pûuak rao /hăa dtàe/ sà-dtaang
我々/ 〜だけ/ お金
-> 我々はお金にだけ頼りがちだ、

ไม่หาสติกันเลย

ไม่หาสติกันเลย
ไม่/ หา/ สติ/ กันเลย
mâi/ hăa/ sà-dtì/ gan loiie
〜せず(否定)/ 探す/ 意識/ 全然
-> 全く意識することなく。

-> 我々は全く意識することなく、お金に頼り徳を積もうとしている。意識すれば、徳を積むのにお金を使う必要はない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上座部仏教では、各個人が生きている間にどれだけ徳を積んだかが重要だそうです。徳の積みかたは様々ですが、お寺などへのお布施は目に見える形でわかりやすい徳の積みかたの一つです。

人々は徳を積むのにお金に頼りがち。でも、普段の生活で意識し(他人・動物を助けるなど)善行を積むことで、お金がなくとも徳は積めるとこの説教では言っているそうです。

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてみない?