“仏陀の言葉”を訳してみた その29


คน ที่ ทำได้ คือ คน ที่ เชื่อ ว่า ทำได้
何かを成し遂げる人はできると信じる人だ、

โดย มิได้ คำนึงถึง คำว่า “เป็นไปไม่ได้”
”無理だ”という言葉に全く惑わされることなく。

มิได้ ˈmí ˈdâay not at all 全く〜でない
คำนึงถึง ˈkham ˈnʉŋ ˈthʉ̌ŋ consider 〜と考える

คำนึงถึง は คิดถึง と同じような意味で 英語だと think about や consider、日本語だと ”〜と考える” です。”เป็นไปไม่ได้”は よく会話で耳にするかとも思いますが、くわしくは以前書いた記事をご参照ください。

このお説教、松岡修造さんの君ならできるを思い出しちゃいました。
確かに信じていれば続けられるし、続ければ成功の確率も上がるから、理屈にあっているような気がします。

私もタイ語がいつかペラペラになれるように信じてがんばりま〜す。