“仏陀の言葉”を訳してみた その23

ถ้า ความสุข ของ เรา ขึ้นอยู่กับ คนอื่น
ˈthâa ˈkhwaam ˈsùk ˈkhɔ̌ɔŋ ˈraw ˈkhʉ̂n ˈyùu ˈkàp ˈkhon ˈʔʉ̀ʉn
もし私たちの幸福が他人に依存していたら、

รอ ให้ คนอื่น ทำถูกใจ เรา
ˈrɔɔ ˈhây ˈkhon ˈʔʉ̀ʉn ˈtham ˈthùuk ˈcay ˈraw
他人が気に入ってくれるまで待つことになる、

เรา จะ ไม่มี วันมีความสุข
ˈraw ˈcà ˈmây ˈmii ˈwanˈmii ˈkhwaam ˈsùk
私たちは幸せな日を持てないだろう。

-หลวงปู่ชา สุภัทโท-

このお説教はイサーン出身の高僧 Ajahn Chah(หลวงปู่ชา สุภัทโท)のもの。Ajahn Chah は主にヨーロッパと米国で上座部仏教(เถรวาท Theravada)の布教活動を行い、彼の説教は複数言語で出版されている。糖尿病により80年代から10年ほど病床にあったそうですが、1993年の葬儀には王室メンバーも参列したそう。

自身が感じる幸せの度合いが他人からの承認だったりするのって、SNS とかの ”いいね!” の数に幸福度が依存するような感じなのかしら?
うーん、なんだか面倒くさいね。

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてみない?