タイ国内線のコロナ関連搭乗条件

現時点(2021年9月)、Bangkok Airwaysのタイの国内線搭乗に関し、以下の規制があることを知りました。おそらくタイ国内線どの航空会社の路線でも同様かと思われます。
今後、感染状況が変化するにつれ移動条件も変化すると思われますので、詳細はご利用の航空会社のHP情報をご確認ください。

表を見ると行先の県によって、適用される用件は異なりますが適当に読むと(詳細を知りたい方は航空会社にご確認ください)…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バンコク(スワンナプーム)、チェンマイ、ランパーン、スコータイ、プーケット、サムイ間の移動は可能ですが、ワクチン接種証明がない搭乗者はPCR検査証明書で検疫を受ける必要があります。
居住地または公共機関でワクチン接種証明またはPCR検査結果を提示し、検疫を受ける必要があります。 14日間必要です。
ただし、18歳未満の方は予防接種または検査結果のいずれかの証拠を提示し、6歳未満の方は検査結果は必要ありません。

チェンマイ: アプリへの登録、ワクチン接種証明書

ランパーン: アプリへの登録、ワクチン接種証明書、RT-PCR検査証明書

スコータイ: アプリへの登録

プーケット: アプリへの登録、ワクチン接種証明書、RT-PCR検査証明書・ATK、感染者は90日以上経過していること

サムイ: アプリへの登録、ワクチン接種証明書、RT-PCR検査証明書・ATK、感染者は90日以上経過していること

– 目的地の県での対策は上記のQRコードから確認できます
– 認定検査機関のリストを確認してください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また、Bangkok Airways の HPには以下のお知らせがありました。

拙訳:

1. ラウンジや送迎コーナーに入る際には、保護用のマスクやフェイスカバーを着用してください。
2. お客様はラウンジに入る前に体温チェックを受けてください。体温が37.5℃以上で、咳、鼻水、呼吸器系の症状などの感染症の兆候が見られた場合は、ラウンジに入ることができません。
3. ラウンジ内では外部からの飲食物の持ち込みはできません。
4. ラウンジ内のお客様の数は、座席数と物理的な距離の取り方によって制限されます。
5. 座席の移動は禁止されています。
6. 政府機関からの指示により、測定を強化するため、ビュッフェは一時的に停止され、2021年1月1日以降は「スナックボックス」に変更されます。
7. ブルーリボンクラブラウンジ:当面の間、アルコール飲料の提供を一時的に停止します。
衛生上の理由により、キッズプレイルーム、シャワールーム、トイレ、マッサージチェア、新聞・雑誌の提供を一時的に停止いたします。

このお知らせでは Bangkok Airways の路線がある移動の情報しかありませんが、旅行会社HISのHPにはその他の場所の情報が掲載されていますのでご参照ください。

タイ国内移動規制まとめ現在、新型コロナウイルスの影響で各県が県境を跨ぐ移動に関して規制を発表しております。TATTAT newsroom(タイ国政府観光局まとめサイト)を元に各県の状況をまとめておりますので、ご旅行の参考にご利用ください。

日本よりきびしいね…

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてみない?