タイ語の書き言葉

こんな表を見ました。

 ภาษาทั่วไป ˈphaa ˈsǎa ˈthûa ˈpay 一般的なタイ語
 ภาษาทางการ ˈphaa ˈsǎa ˈthaaŋ ˈkaan 公式文章に使用するタイ語

要は一般的に使われる表現と公式文章などで使われる表現の対比表らしい。

一部を書き出してみると、

日本語ภาษาทั่วไป (一般的なタイ語)ภาษาทางงาน(公式書類に使われるタイ語)
誰、誰に、誰をใคร ˈkhray ผู้ใด ˈphûu ˈday
どこที่ไหน ˈthîi ˈnǎy ที่ใด ˈthîi ˈday
どんなแบบไหน ˈbɛ̀ɛp ˈnǎy แบบใด ˈbɛ̀ɛp ˈday
ものอะไร ʔà ˈray สิ่งใด ˈsìŋ ˈday, อันใด ˈʔan ˈday
~できる?ได้ไหม ˈdâay ˈmǎy ได้หรือไม่ ˈdâay ˈrʉ̌ʉ ˈmây
いつเมื่อไหร่ ˈmʉ̂a ˈrày เมื่อใด ˈmʉ̂a ˈday
どのようにอย่างไร ˈyàaŋ ˈrayเช่นใด ˈchên ˈday, ประการใด prà ˈkaan ˈday
なぜทำไม ˈtham ˈmay เพราะอะไร ˈphrɔ́ ʔà ˈray, เหตุใด ˈhèet ˈday

ภาษาทั่วไป ˈphaa ˈsǎa ˈthûa ˈpay 一般的なタイ語 (カジュアルという意味ではありません)には、ボキャブラリーの貧弱な自分でも覚えている単語が多いのに比べ、ภาษาทางการ ˈphaa ˈsǎa ˈthaaŋ ˈkaan 書き言葉の方は、あまり馴染みのない単語が並んでます。
オンラインレッスンの先生に聞いたところ、これらの表現は政治関連の記事や役所関係の公的文章で使われるお堅い表現なんだとか。たしかに大衆紙タイラットとかの芸能記事ではあまり見たことがないような…。
タイ語の公的文章を読む機会がこの先あるのかわかりませんが(多分ないでしょう)、一度見ておけば一般的なタイ語に置き換えて理解はできるかも…ね。