タイ語の発音 自分の耳は信じるな!

知り合いの通っているタイ語教室では、発音練習の際に先生は複数の生徒さんが同時に発音しているのに「ハイそこ! 違いますね!」と個別にチェックがはいるんだとか。

これは別に先生が聖徳太子なみに耳が良いわけではなく、発音している人の口の形を見て判断しているらしい。
つまり発音時の口の形が正しければ、ある程度正しい発音ができるという事っぽい。

自分なんかは音声入力ソフトなんかでうまく認識してもらえない時に、自分なりにネイティブの発音を何度も聞いてマネてみるけど、うまくいかないことはしょっちゅう。
冷静に考えれば、そもそもマトモに聞き取れてもいないのにその自分の耳を盲目的に信じて真似てみても上手くいかないのは当たり前といえば当たり前か。
逆に聞き取れていなくても、口の形だけでも真似ればそれなりにネイティブの発音に近づけることができるというのはある意味ラッキー笑。

プログレッシブ タイ語辞典 では冒頭の発音解説ページに母音の発音の仕方が “口の両端を横に引っ張りながら「イッ」” など分かりやすく説明されています。これらを覚えて、タイ語の綴りを思い出しながら発音できたら通じやすくなりそう。

ガンバレ自分! でも自分の耳は信じるな〜!