仏陀の言葉を訳してみた その4

仏陀の言葉をタイ語の勉強に訳しています。一見簡単そうに見える単語が並んでいますが、文章になるとむずかしい。いかにもタイ語なトラップの連続? と感じるのは私が自分でうぬぼれているほどタイ語が上達していないから。ショボーン。

เรื่อง ของใจ มัน เป็น อย่างนี้
ˈrʉ̂aŋ ˈkhɔ̌ɔŋ ˈcay ˈmân ˈpen ˈyàaŋ ˈníi
心とはどういったものだろう

บางที ก็ คิดดี
ˈbaaŋ ˈthii ˈkɔ̂ɔ ˈkhít ˈdii
時に善き事を考えたり

บาง ที คิดชั่ว
ˈbaaŋ ˈthii ˈkɔ̂ɔ ˈkhít ˈchûa
時に悪い事を考えたり

ใจ มัน หลอกลวง เป็น มายา
ˈcay ˈmân ˈlɔ̀ɔk ˈluaŋ ˈpenˈ ˈmaa ˈyaa
心はウソをつき、妄想する

จง อย่า ไว้ใจ มัน
ˈcoŋ ˈyàa ˈwáy ˈcay ˈmân
心に依存してはいけない

日本語Englishภาษาไทย発音記号
時にsometimes บางที ˈbaaŋ ˈthii
bad, evil ชั่ว ˈchûa
詐欺をするfraudulent หลอกลวง ˈlɔ̀ɔk ˈluaŋ
妄想delusion มายา ˈmaa ˈyaa
頼るrely on ไว้ใจ ˈwáy ˈcay ˈ

以前読んだ、小池龍之介さんの”考えない練習 (小学館文庫)”に似た内容が書かれていたような。こころ…感情、脳はコントロールができていない乗り物のようなもの、本来の自分自身を保つために、感情に振り回されないように練習しましょう的な内容だったと思います。宗教臭を抜けばマインドフルネスですね。精神衛生には良さそうですが、普段刺激のない生活を送っている自分が、さらに感情のスイングまで抑えたら若年性痴呆になりそう…。