WordPress 固定ページに”ひらがな・タイ文字 変換”つけてみました

お気付きの方もおられるかと思いますが、ブログのTOP(HOME)に”ひらがな・タイ文字”変換つけてみました。

とてもシンプルな外観なので、3分もあればできんじゃね? って思う方も多いと思うのですが、構想3分、作成苦節3日となりました。

プログラミング自体 Python入門者だからというのもありますが、WordPressの構造がよくわかんなくて厳しかったです。当然ですがWordPressは Pythonは使えません。Pluginもみつからず…(当たり前だよ!とか言わないでね)。

結局PHPか Javascript でプログラムを書く必要があるのがググってわかりました笑。ちなみに自身は PHP, Javascriptともに経験なし。まあ複雑なプログラムでないのでPythonの基本文法を理解していればなんとかなりましたが。

作業としてはWordPress 投稿ページのテキスト部にHTMLとJavascriptを書けば、同一ページ内の入力値の受け渡しができました。

入門者の自分には面倒だった点:

1. HTMLからJavascriptへの入力値の受け渡し

HTML部の id=”要素名” でJavascriptへ入力値を渡す際の要素名を指定します。

Javascript記述部で要素名に格納された値を取得。

2. 入力値が”ひらがな”か判定

Javascript記述部で関数を指定。正規表現のひらがな([ぁ-んー ])で”test”メソッドを使い判定します。

“test”メソッドではひらがな(以下の場合、全角スペースを含む)と判定されれば Trueを返します。

3. “ずっ”などの小文字を含んで1音になる文字の処理

単にひらがなを一文字ずつ分割するのであれば簡単なんですが、ひらがなには小文字なんて面倒なものがあります。

text_map = [“あ”, “っ”, “い”, “う”]

ではなく、

text_map = [“あっ”, “い”, “う”]

とリスト化したいので、Javascript記述部の関数で小文字か判別、小文字であれば前のインデックスの文字と結合させることにしました。

その他、

<script></script>間に記述した Javascriptは空行を挟むと機能しません。動かない時はまず最初にチェック。

パトラッシュ…僕はもうつかれたよ…。

シェアしてね

フォローしてみない?